腸内フローラについての知識を深めよう!

腸内細菌について


人間の腸には小腸と大腸が存在し、それぞれの働きは異なります。小腸は食物を消化し、その栄養を吸収します。そして、大腸はその残りカスを大便にするという働きを持っている臓器なのです。これは生命維持に欠かせない役割であり、これらを司る小腸と大腸は臓器の中でも重要な役割を持っているもののひとつだと言えるのです。

さらに、このような働きに加えて腸内には大きな役割を持っています。それは体内に棲みついているいる細菌の存在です。体内には細菌が棲みついていますが、そのおよそ90%が腸内に生息していると言われています。その数は100兆から1000兆以上とも言われており、種類も1,000種類程度だと言われています。2キログラム以上あることもある細菌は体内細胞の60兆個よりもはるかに多いため、健康にも大きな影響を与えているのです。

この大腸に棲みついている細菌は「腸内細菌」と呼ばれています。通常人間の体は異物を排除する免疫システムが働き、このような細菌は生息することができません。しかし、免疫寛容という仕組みによって排除を免れています。腸内細菌は体内で共存を許されている細菌であり、人類の健康の助けになることもあるのです。