腸内フローラについての知識を深めよう!

腸内バランスについて


腸内フローラは腸内細菌によって形成されています。中でも、働き方によって3つのタイプに分類されています。1つは善玉菌。これは主に人間の体を守る働きをすると言われているもの。2つ目は悪玉菌。これは増えすぎることによって体に害を及ぼすと言われています。最後が日和見菌と言われていて、これは腸内環境によって善玉菌の味方をしたり悪玉菌の味方をするものだと言われています。

善玉菌の主な菌種としてはビフィズス菌や乳酸菌などが挙げられます。こちらは乳酸や酢酸などを作り出し、腸内の発酵活動を推進します。腸内を弱酸性に保ち、理想の割合としては2割程度が挙げられます。悪玉菌は大腸菌やブドウ球菌など、体に悪影響を与えるものとして有名です。こちらは腸内で腐敗活動を進めます。発酵活動と一見して同じに感じる人もいるかもしれませんが、例えばヨーグルトは食べることが出来ますが腐った牛乳は飲むことが出来ないと言えばイメージがしやすいかと思います。理想割合は1割です。

日和見菌はバクテロイデスや連鎖球菌などが挙げられます。こちらは善玉菌、悪玉菌それぞれ優勢な方と同じ働きをします。理想割合は7割と多く、これらが優勢に働くことによって大きく体調が変化することが想像できるかと思います。